ビジネス戦略を、
エッジAI
プラットフォームで。

「AIやIoTをビジネスに取り入れたい」
「DXによる業務効率化に取り組んでいるが思ったような成果が出せていない」
「AIを試験的に取り入れてみたものの、運用面で不安や不満がある」

ビジネス課題の解決は、エッジAIプラットフォーム「Actcast」にお任せください。

Actcastパートナー様・開発者の方はこちら

AI / IoT システム構築に携わる
130 以上の企業が登録されています。

sojitz
MITSUI&CO.
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
株式会社セブン&アイ・ネットメディア
株式会社NTTデータビジネスシステムズ
三井情報株式会社(MKI)
SCSK株式会社
KDDI株式会社
株式会社博報堂DYホールディングス
株式会社デジタルガレージ
大日本印刷株式会社
SORACOM, INC.
菱電商事株式会社
株式会社フジクラ
株式会社パソナテック
東京製鐵株式会社
エクサウィザーズ株式会社
Automagi株式会社
株式会社Ridge-i
アイシン精機株式会社
Connected Design株式会社
グローリー株式会社
株式会社ソード
AAEON Technology Inc.
アヴネット株式会社
アールエスコンポーネンツ株式会社
セコム株式会社
セントラル警備保障株式会社
長野県信濃町

※2022年1月時点 
Actcastサービスサイトより抜粋

こんなお悩みはありませんか?

icon_issue01

顧客クレームを減らしたい

事例を見る

icon_issue02

店舗の混雑状況を改善したい

事例を見る

icon_issue03

デジタルサイネージを有効活用したい

事例を見る

icon_issue04

不審者や危険エリアへの立ち入りを
遠隔でも把握できるようにしたい

事例を見る

icon_solution

エッジAIで解決できます

エッジAIとは

エッジAIとは

IoT分野における「エッジ」とは、現実の世界の情報を取得するデバイスを指します。つまり、コンピューティングの世界の「エッジ=端」に存在する、カメラや各種センサー類のことです。より明確に「エッジデバイス」とも呼ばれます。さらにエッジ側で情報の処理・解析を行うことを「エッジコンピューティング」と呼んでいます。

そして「エッジAI」とは、このエッジコンピューティングにAIを搭載し、情報の処理・解析のみならず、学習・推論までをさせる技術です。

中央集権的な「クラウドコンピューティング」と比較すると、その存在意義やメリットがわかりやすいでしょう。情報をデータセンターに集約すると、常に負荷が問題になります。また、エッジに存在するデバイスとの通信距離による遅延も発生します。対してエッジAIはこの影響が極めて少なく済みます。エッジ側で分散処理を行うからです。

その結果、「超低遅延化」を実現できます。この特性は自動運転技術やロボット、ドローンなどの分野において、強く求められるようになってきています。

また、セキュリティ面でもメリットがあります。通常、エッジ側からクラウドに送信されるのは、必要な情報だけに限られます。世界的に関心が高まっているプライバシー保護や機密情報の漏洩リスク低減という観点においても非常に有用な技術なのです。

エッジAI導入の課題
コストの壁・運用の壁を打ち破る「Actcast」

img_actcast02

さまざまな業界・分野でエッジAIに対するニーズが高まっている一方で、実用化には大きく2つの壁が存在しています。

1つ目は「コストの壁」です。
高度なAIモデルを動かすためには1台あたり数十万円規模の高性能な端末が必要なため、これまで端末のコストが大きな課題でした。本格運用に向けた大量の台数導入はおろか、数十台程度の実証実験(PoC※)ですらかなりのコストがかかることがAIの導入を困難にしていました。

2つ目は「運用の壁」です。
実世界のさまざまな情報を大量に広範囲に取得するためには、エッジデバイスを大量に設置する必要があります。そしてデバイスは一度設置すればよいというわけではなく、監視や定期メンテナンスなどが発生します。高いところや遠く離れた、人が行きにくい場所もあることを考慮すれば、大量に設置したデバイスの管理は運用面で大きな課題でした。

これらの壁を打ち破り、本当の意味で有効なエッジAIを構築するのが、IdeinのエッジAIプラットフォーム「Actcast(アクトキャスト)」です。その核心にあるのは、安価なエッジデバイスの処理能力を引き上げるというIdein独自の高速化技術と、遠隔での一括管理というActcastのコア機能になります。

(※) PoC (ポックあるいはピーオーシー) … Proof of Concept、新たな技術を本格導入する前に効果を検証するプロセス

Actcastが選ばれる理由

エッジAI導入のコストを大幅に削減

エッジAI導入のコストを大幅に削減

なぜIdeinのActcastはエッジAIの導入コストを抑えられるのか、それは高度なAIを動かすコンピュータとして安価なデバイスを使用できるからです。

Actcastは安価でかつ手のひらサイズのコンピュータとして人気のあるRaspberry Pi(ラズベリーパイ)、通称ラズパイをエッジデバイスとしてサポートしています※。これにより端末のコストを数十分の一、1台数千円のレベルにまで圧縮できます。当然、その時に問題になるのが処理能力ですが、Ideinの独自技術は、通常は数十万円のデバイスで動かすAIモデルを、軽量化することなしに、わずか数千円のデバイスで動かすことを可能にしています。

さらにエッジAI全体の特長として、必要なデータのみをクラウドに送信するので、通信費やクラウド費用を大幅に削減できるのです。

(※) サポート端末については増やしていく予定です。詳細はお問い合わせください。

運用の人的コストを大幅に削減

運用の人的コストを大幅に削減

通常のエッジAIは、その規模と比例するようなかたちで人的コストも膨らんでいきます。Actcastは、この壁も打ち破ります。それを可能にしているのは、大量のデバイスを遠隔で一括管理できるActcastならではの特長です。

エッジAIプラットフォーム「Actcast」には、遠隔での監視機能が備わっています。また、ソフトウェアのアップデートも遠隔で実施できます。そのためデバイスの状態を確認したり、ファームウェアやAIアプリケーションをアップデートするためにわざわざデバイスの設置場所に出向く必要はありません。これにより大量のデバイスを大規模に運用することが可能になります。実際にこの点を評価いただき、数千台規模の大規模プロジェクトでの採用実績がございます。

なお、オプションのサービスとして「保守サービスの代行」も承っております。

アプリの柔軟な変更を可能にするマーケットプレイス

アプリの柔軟な変更を可能にするマーケットプレイス

Actcastのさらなる特長として、AI/IoT版のアプリストアであるマーケットプレイス機能を兼ね備えていることがあります。マーケットプレイス上にはAIの機能ごとにさまざまなアプリケーションを提供しており、エッジAIシステムの成長と共に変わっていく要件に柔軟に対応させていくことができます。もちろんAIアプリケーションを一度インストールしたら終わりではなく、遠隔でアップデートしたり、課題や取得したい情報に応じて柔軟にアプリを変更することもできます。

多様なAI機能も
Actcastなら1つのプラットフォームで運用可能

一般的なエッジAIのプロジェクトは、学習モデルやアプリを開発して導入するところで終わってしまうケースがほとんどです。しかしわたしたちは、AIは導入して終わりではなく、むしろそこからが真のDXの始まり、だと考えます。時間の経過によってお客様の課題も刻一刻と変化していきます。Actcastならお客様の課題にあわせてさまざまなAI機能をアプリとしてご提供が可能。さらに遠隔で柔軟にアプリのアップデートや入れ替えが可能です。

人数カウント

人数カウント

カメラに映った人数をAIカメラが自動的にカウント

デジタルサイネージ

デジタルサイネージ

AIカメラにより来店客の属性分析やサイネージの視認率を計測

会話分析(話者分離)

会話分析(話者分離)

AIマイクを使って顧客とスタッフの会話を分離させてテキスト化

混雑状況把握

混雑状況把握

店舗や施設内の混雑状況をAIカメラによって把握

人物属性分析

人物属性分析

来店客の性別や年代などの属性をAIカメラで解析

Actcastならこんな課題を解決できます

エンタメ・イベント

新型コロナウィルスなどの感染症対策を実施し、お客様に安心して店舗や施設をご利用いただきたい

AI機能

icon_issue02

混雑状況把握

デバイス

AIカメラ

AIカメラ

img_case01
画像はイメージです

AIカメラを使えば店舗や施設の混雑状況をリアルタイムに計測し、混雑の発生場所や時間を把握できるようになります。

現場の混雑状況データを取得することで、お客様に安心してご利用いただけるよう各種対策を講じることができるようになります。

<期待される効果>
取得したデータを元にさらに仮説形成と検証を繰り返して様々な施策を実施し、その効果を数字で追うことができるようになります。その結果、効果的な施策を通じて顧客サービスの向上に繋がります。

<Actcast導入のポイント>
広いエリアや離れた現場のデータを収集するためには大量のAIカメラを設置する必要があります。その際、「Actcast」ならデバイスのコストを最小限に抑えることができます。また、遠隔管理および大規模運用に対応しているため、安心してご導入いただけます。

<その他の活用例>
飲食、小売、不動産、交通など

接客

店舗の接客状況・内容が把握できていない
カスタマーハラスメントを受けてスタッフが疲弊している

AI機能

icon_voice

会話分析(話者分離)

デバイス

icon_mic

AIマイク

img_case02
画像はイメージです

AIマイクを使ってお客様との会話データを取得し、内容をテキスト化することで、現場に居なくても状況の把握ができるようになります。

会話の内容をテキストデータとして取得することで、接客の質を上げ、スタッフが安心して接客できるようになります。

<期待される効果>
AIマイクを店頭に置き、音声データを顧客側とスタッフ側に分ける処理を実施(話者分離)、さらにこれをサーバー側で文字データ化します。この会話データを元に、従業員教育の改善、カスタマーハラスメント対策を実現することができます。

<Actcast導入のポイント>
AIマイクを低単価で設置できるため、数千台規模の大規模な導入が可能です。また、全国のカウンターに設置したAIマイクのソフトウェアアップデートなどを遠隔で実施でき、運用・管理コストも削減することができます。

小売

店舗にデジタルサイネージ(電子看板)を設置してみたものの、効果がわからない

AI機能

顧客属性分析・視認率計測

顧客属性分析・視認率計測

デバイス

AIカメラ

AIカメラ

img_case03
画像はイメージです

デジタルサイネージとAIカメラを組み合わせることで、視認率を計測したり、視認者の属性データを取得することができるようになります。

AIカメラを活用し、デジタルサイネージが見られているか、またどんな人が見ているのかを把握することができるようになります。

<期待される効果>
デジタルサイネージの費用対効果を測定できるようになります。さらに、視認者の属性データを使って、より適切なコンテンツの「出し分け」を行うことも可能になります。また、自社コンテンツだけでなく、広告メディアとして活用する可能性も生まれます。

<Actcast導入のポイント>
AIカメラを低価格で設置できます。複数・大量の端末の管理も遠隔で行うことが可能で、運用コストを圧縮できます。

<その他の活用例>
電車やバスなどの交通、観光案内

小売

来店客数は多いのに、売上につながっていない

AI機能

人物属性分析

人物属性分析

デバイス

AIカメラ

AIカメラ

img_case04
画像はイメージです

店舗にAIカメラを設置して来店客の性別や年代を分析することで、購買客と非購買客の差異を把握できるようになります。

これまで、「どんな人が何を買ったか」はPOSデータで取得できていました。しかし、購入しなかった人の行動は、何もわかっていません。AIカメラを使うことで、この非購買客の行動や属性を把握することができるようになります。

<期待される効果>
取得した非購買客のデータをPOSデータと照合することで、狙っているターゲットと客層が本当にマッチしているか知ることができるようになります。さらに、その結果を元に客層に合わせて陳列棚を最適化したり、商品や店頭ポップ、プロモーション内容の見直しなどを行うことができます。

<Actcast導入のポイント>
来店客の画像や動画は取得せず、エッジAIで解析済みの属性・時間・場所・人数のデータをクラウドへ送るため、個人を特定するような情報は一切保持しません。

不動産

大型ショッピングモールの施設全体の来場者人数や、イベントの集客状況を把握したい

AI機能

人数カウント・人物属性分析

人数カウント・人物属性分析

デバイス

AIカメラ

AIカメラ

img_case05
画像はイメージです

商業施設にAIカメラを設置して入場者の人数をカウントすることで、イベントの集客状況がリアルタイムでわかるようになります。

AIカメラを使うことで、従来の人海戦術の人数カウントに比べ、人件費の削減が可能になります。また、カウントミスが減り、数字の信頼性が高まります。さらに、属性データを取得すれば、来場者の内訳をより詳しく知ることができるようになり、売上につながる様々な施策を、より効果的に計画・実行することができるようになります。

<期待される効果>
時間ごとの訪問者数を追うことでイベントの効果測定ができるようになるだけでなく、分析結果はテナントリーシングの際のテナント値付けの元情報としてもご活用いただけます。

<Actcast導入のポイント>
来店客の画像や動画は取得せず、エッジAIで解析済みの属性・時間・場所・人数のデータをクラウドへ送るため、個人を特定するような情報は一切保持しません。複数のAIカメラも安価に設置でき、運用コストも最低限の固定費になります。

<その他の活用例>
飲食、小売、不動産、交通など

小売

店舗前の通行量は多いのに、店舗への入店者数が少ない
入店しても、奥まで来てくれない

AI機能

動線分析

動線分析

デバイス

AIカメラ

AIカメラ

img_case06
画像はイメージです

店舗にAIカメラを設置して顧客の動線分析を実施することで、店舗レイアウトの問題点を見つけることができます。

AIカメラを活用して通行客や来店客の行動を分析することで、店舗レイアウトの問題点を発見することができるようになります。

<期待される効果>
AIカメラを用いて店内の動線分析を実施することで、来店客の行動パターンや障害、ボトルネックになっていることなどが明らかになります。例えば入店しても入り口付近に留まり、店内奥まで入ってきてくれないことなどがわかります。購入率・購入額アップのために、店内の奥まで入っていただけるように店内のレイアウトの見直しなどをすることが可能です。

<Actcast導入のポイント>
来店客の画像や動画は取得せず、エッジAIで解析済みの属性・時間・場所・人数のデータをクラウドへ送るため、個人を特定するような情報は一切保持しません。複数のAIカメラも安価に設置でき、運用コストも最低限の固定費になります。

店内レイアウトの改善

 

製造

不審者や危険エリアへの立ち入りを遠隔でも把握できるようにしたい

AI機能

エリア検知

エリア検知

デバイス

AIカメラ

AIカメラ

img_case08
画像はイメージです

AIカメラを設置して特定のエリアへの侵入を検知し、リアルタイムで通知を飛ばすことができます。

現状、安全センサーを用いた検知システムが多くの工場などで導入されていますが、AIカメラを導入することで、現場でデータを解析し、リアルタイムで結果を通知できるようになります。

<期待される効果>
安全に対する要求は日々大きくなっています。AIカメラを使うことで、その対策の精度を高めることが可能です。働く人々の行動を解析することで、不正な立入や不正行為の検知、いわゆるヒヤリ・ハット事例の収集と対策、さらには業務プロセスのカイゼンなどにも活用の幅が広がります。

<Actcast導入のポイント>
AIカメラを低価格で設置できます。複数・大量の端末の管理も遠隔で行うことが可能で、運用コストを抑制できます。

小さくトライアルができ、導入後のコストは
「アプリ使用料」と「通信料」のみ

初期導入コスト
(主なもの)

・ハードウェア(エッジデバイス)
・施工・キッティング費用
・アプリ利用料
・通信料

ランニングコスト

アプリ利用料と通信料のみ

※新規開発やカスタマイズしたアプリを使う場合はアプリ開発費が別途発生します。

導入までしっかりサポート

IdeinはAIモデルの開発だけでなく、初期段階のコンサルティングを含めたトータルでのサポートを通じてお客様に寄り添いながら共に課題解決を目指します。
「DX案件のコンサルだけお願いしたい」や「受託開発をお願いしたい」などの細かなご要望に対しても柔軟に対応いたします。是非、お気軽にご相談ください。

img_support

パートナー企業は130社以上

DXやAIの分野で多くの実績をもつパートナー企業が、Actcastを使用した革新的なソリューションを開発・提供しています。

双日株式会社
三井物産株式会社
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
株式会社セブン&アイ・ネットメディア
株式会社NTTデータビジネスシステムズ
三井情報株式会社(MKI)
SCSK株式会社
KDDI株式会社
株式会社博報堂DYホールディングス
株式会社デジタルガレージ
大日本印刷株式会社
SORACOM, INC.
菱電商事株式会社
株式会社フジクラ
株式会社パソナテック
東京製鐵株式会社
エクサウィザーズ株式会社
Automagi株式会社
株式会社Ridge-i
アイシン精機株式会社
Connected Design株式会社
gloryグローリー株式会社
株式会社ソード
AAEON Technology Inc.
アヴネット株式会社
アールエスコンポーネンツ株式会社
セコム株式会社
セントラル警備保障株式会社
長野県信濃町

※2022年1月時点
 Actcastサービスサイトより抜粋

  • Actcastパートナー プログラムについて知る

パートナープロダクト(一部ご紹介)

パートナー企業との共創で革新的なプロダクトが続々と生まれています。

CTC digital platform

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 様

Microsoft Azureを活用したDX推進のためのデジタルプラットフォーム

 

詳しく見る

KDDI株式会社

KDDI株式会社 様

KDDI IoTクラウド Standard エッジAIカメラパッケージ

 

詳しく見る

株式会社ソード

株式会社ソード 様

Raspberry Pi®搭載ネットワークカメラ「SRiシリーズ」

 

詳しく見る

よくあるご質問

課題によってAIの利用が有効なものとそうでないものがあります。AIが活躍しやすいものに繰り返しの単純作業(プロセスが固定化されているもの)やこれまで属人化していたものの数値化できるような業務を技術によって改善するといったことがあります。「これってAIを導入する価値があるの?」という疑問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

このご質問もよくいただくのですが、外見だけでその人の正確な年齢を当てるのが難しいように、AIでも正答率(精度)100%は難しいです。解決したい課題によってAIに求める精度も変わってきますし、必要なデータも異なります。お客様の課題解決に対して最適なアプローチをご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

はい。Actcastは更新が容易なプラットフォームであるという点が特長の一つですので、Actcastであればデータのアップデートが可能です。一般的なエッジAIはモデルやアプリの更新用のプラットフォームを提供しておらず「導入したらそれで終わり」なケースが多いです。しかしAIは一度取り入れたらそれで終わりではありません。そこからがDXの始まりです。収集したデータや分析結果に基づいて取るべきアクションが変化していきますので、アップデートのしやすさはAIプロジェクトで最も考慮すべき点の一つと言えます。

エッジAIの一般的な特長として、エッジ側でデータを解析し解析結果(テキストデータ)のみをクラウドへ送ることができるのでプライバシーに配慮することが可能です。ただし、使用する学習モデルによってはクラウド側で解析処理を実施するケースもございますので詳細はお問い合わせください。

画像以外にも音声や振動、温度など多種多様な実世界のデータを収集して解析することができます。

画像を使った解析に使われるAIカメラは通常数万〜数十万円が一般的なのに対し、Actcastは数千円の汎用機器(ラズベリーパイ等)を使用可能なためデバイスコストを大幅に削減できます。Ideinはラズベリーパイのような安価なデバイスでも高性能なAIを動かすことができるようにデバイスの性能を引き上げる高速化技術を保有しています。

はい。検討中のものも含めてございますので、詳細はお問い合わせください。

データを収集する外部サービスを自由に選択できるため、お客様のニーズに合わせた最適なツールで取得データをご活用いただけます。お客様のプロジェクトに対して最適なシステム構成やデータ活用方法をご提案いたしますので、是非お気軽にご相談ください。

Actcastの大きな強みとして「運用のしやすさ」があります。通常、エッジAIのデプロイは現地に行く必要があることがほとんどなのに対し、Actcastは大量のIoTデバイスを遠隔で一括管理・運用することができます。AI導入後もActcastならアプリを遠隔でアップデートしたり、別のアプリに入れ替えたりも柔軟にできます。
この特長を評価いただき、実際に数千台規模の大規模運用の実績がございます。
また、オプションとして「アプリ保守サービス」もご提供しております。これは稼働デバイスを常時監視し問題が発生した場合に登録した関係者に通知し、優先的にその問題に対処するサービスです。本格運用の際にこうしたサービスをあわせてご利用いただくことも可能ですので、運用面で不安をお持ちの際もまずはお気軽にご相談ください。

お客様のニーズや課題にあわせてさまざまなプランをご提案いたしますので、詳細はお問い合わせください。

こんなことで
お困りではありませんか?
ぜひご相談ください

  • AIやIoTをビジネスに
    取り入れたい
  • DXによる業務改善や
    売上UPを実現したい
  • AIプロジェクトが
    うまくいっていない